失敗しやすい略奪愛のアプローチ方法は?【悪い例を徹底分析】

略奪愛

好きになった人にすでに恋人がいたり、既婚者だったりすることもあるでしょう。

どうしても諦められない…

略奪愛を叶えるアプローチ方法はたくさんあります。

しかし、間違った方法で好きな人にアプローチすると、返って嫌われてしまうことも。

当記事では、先走った行動を取ってしまった結果、略奪に失敗した悪い例を分析しました。

また、最終的に略奪愛を叶えられなかった悪い例の体験談を紹介します。

略奪愛のアプローチ方法で悩んでいる人は、最後までご覧下さい。

【略奪愛失敗】略奪愛のアプローチ方法の悪い例4選

略奪愛を叶えるためには、相手の気持ちや状況とアプローチするタイミングが大切です。

基本的に好きな人が今のパートナー以上に、あなたに魅力を感じていることが必要です。

また、好きな人の性格や恋愛の方法を理解せずに行動した場合も、略奪愛を叶えることは難しくなるでしょう。

略奪愛は、相手の気持ちが変化するまで、長い時間耐えなければなりません。

簡単に略奪できた場合は、簡単に略奪される可能性があることを覚えておきましょう。

略奪愛失敗に繋がるアプローチ方法の悪い例を4つ紹介します。

【悪い例】略奪愛の初期に失敗しやすいアプローチ方法2選

略奪愛のアプローチの初期にやりがちな悪い例を2つ紹介します。

①相手の状況を無視して自分の気持ちをぶつけてしまう

相手にパートナーがいる場合、相手の状況を無視して自分の気持ちをぶつけて告白することは、略奪愛を叶えるにはマイナスの行動です。

恋愛が上手く行っている相手に、いきなり自分の気持ちをぶつけても、対応に困ってしまうでしょう。

最悪の場合は、自分がモテることを周りにアピールするネタにされてしまうことも。

決して告白を焦らず、最初は友達に徹することが略奪愛を叶える第一歩です。

②好きな人の恋人やパートナーの悪口を言う

好きな人の前で恋人やパートナーの悪口を言うことは、好きな人の大切な人を否定することに繋がります。

そして、好きな人の気持ちが、まだあなたに向いていないタイミングでは、略奪どころか、あなたを嫌いになることも考えられます。

嫉妬心を隠し、好きな人の大切な人を褒めることが略奪愛成功に繋がります。

【悪い例】略奪しても両思いの期間が短くなるアプローチ方法2選

好きな人がパートナーと別れて、あなたを選んでくれた…

略奪愛に成功した喜びで一杯でしょう。

しかし、真の略奪愛は、お互いが相手を永遠のパートナーだとを確信した場合に成立します。

両思いの期間が短くなるアプローチ方法の悪い例を2つ紹介します。

①相手の嘘を信じて行動してしまう

アプローチの早い段階で好きな人が、あなたからの告白を受け入れてくれる場合もあるでしょう。

しかし、愛する人と真剣に向き合う人は、簡単に別れたり、乗り換えたりできません。

たまたま、パートナーと喧嘩したり、トラブっているタイミングだった場合、パートナーと別れたと嘘をつくことも考えられます。

そして、あなたと揉めた時、すぐに元の鞘に納まることも考えられます。

また別の相手に気持ちが移ることも。

相手が、あなたと永遠の愛を貫くことを決心しない限り、次々と替わる恋愛相手の1人でしかないのです。

略奪愛は簡単には叶わないものだと理解しておきしょう。

②略奪愛であることに疲れる

略奪愛を叶えるためには、必ず相手がパートナーと別れることが必要です。

他人の幸せを壊した結果に成り立つ略奪愛は、強い精神力がないと罪悪感が付きまといます。

また、今度は自分が略奪されるかもしれない、という不安が沸いてくることも。

略奪愛に拘り過ぎて、2人の大切な時間を無駄に過ごすことは、両思いである期間を短くしてしまう原因になるでしょう。

略奪愛がスタートしたら、過去のことは忘れて、2人で進んでいくことが大切です。

略奪失敗の悪い例の体験談2選

略奪に失敗した体験談の悪い例を2つ紹介します。

彼女を嫉妬させるために利用されたCさんの場合

好きな人に彼女がいることを知らずに告白をしてしまいました。

結局「今、付き合ってる彼女がいるから」と振られました。

でも、諦めることが出来ず、略奪愛する決心をしました。

彼女をリサーチした結果、どう考えても私の方が彼に相応しいと思えたので「なんであんな女と付き合っているの?どこがいいの?」と問い詰めてしまいました。

彼は何も答えてくれませんでした。

しばらくして、彼女さんから呼び出されたのです。

「彼が変な女にストーカーされて困ってるって言うから顔を見に来たのよ。あなたなら略奪される心配はないわね。」と酷い言葉を浴びせられました。

結局、彼は彼女に嫉妬させるために私を利用したのです。

女同士の修羅場を楽しんでいたのでしょう。

気持ちを弄ばれた屈辱感で一杯です。

簡単に略奪できたと喜んだYさんの場合

結婚4年目の男性と不倫関係になってしまいました。

彼は、奥さんと喧嘩が絶えず別れたいと考えていました。

そして、付き合い出して1ヶ月後には私と同棲を開始。

その後、離婚から略奪婚まで1年足らずでした。

簡単に略奪できたと喜んでいたのに、彼と別の女性との不倫が発覚。

略奪婚から3年で離婚。

今度は略奪される側になりました。

略奪愛が叶ったと思ったけれど、彼にとって私は永遠のパートナーではなかったようです。

簡単にパートナーを乗り換える人は、相手と真剣に向き合うことが出来ず、その結果、別の相手を求めるのだとわかりました。

今では、自分の男性を見る目の無さを反省しています。

略奪愛を叶えるためには、初期のアプローチ方法を焦らないこと。

また、簡単に略奪できた場合は、簡単に略奪されることを覚悟しておきましょう。

略奪愛で相手の気持ちを掴む方法&心構えについてはこちらをチェック!!

【略奪成功マニュアル】略奪愛を叶えた成功例に学べ!相手の気持ちを掴む方法&心構え

略奪愛に悩んだ時は電話占いで相談してみよう!

略奪愛は失敗すると好きな人を失うだけでなく、同時に社会的信用も失う難しい恋愛です。

失敗が許されない略奪愛に悩んだ時は、電話占いで相談してみましょう。

略奪愛のアプローチ方法を鑑定してもらうことで、絶好のタイミングで好きな人にアプローチすることができるでしょう。

電話占いを利用して、略奪愛を叶えるきっかけにして下さいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました