略奪愛するのにどれくらい時間がかかる?【ケース別で解説】

略奪愛

そんなあなたがあの人と結ばれるためにはどのくらい時間がかかるのでしょうか?

「あの人と一緒になりたい!」

しかし、大好きな人にはすでにパートナーが、、、

何度も諦めようとしてもどうしても諦められない。

あの人を自分だけのものにしたい。

略奪愛には、どのくらい時間がかかるのか。

それは、シチュエーションごとに大きく異なります。

様々な場面ごとに考えていきましょう。

【ケース別】略奪愛にかかる時間

相手に恋人がいる場合

好きな人に既に恋人がいる場合。

カップルとしてどれくらいの期間一緒にいるのか、お互いの気持ちが燃え上がっている時期なのか、少し盛り上がりに欠けている状態なのかによって随分異なります。

付き合いはじめのころはお互い相手しか見えないもの。

その場合、略奪するのには少し時間がかかるでしょう。

付き合いが長くなり、少し物足りなさを感じるような時期では、その隙間に入り込むのに、案外時間はかからないかもしれません。

相手が既婚者の場合

好きな人が既に結婚している場合。

この場合、完全に略奪する、つまり相手の家庭を壊すには相当の時間がかかります。

子どもがいれば、親権などもかかわってきますし、離婚するためには多くの段階を超える必要があります。

ただお互いに好き合っていればよいというように、離婚までは求めない、という場合には想い合うことは可能かと思いますが心も体も傷ついてしまうことになりかねません。

「どうしても離婚してほしい!」「自分と結婚してほしい!」という強い思いがあるならば長い時間がかかることや慰謝料を請求されるおそれなども視野に入れておく必要があります。

相手のパートナーが自分の友達である場合

好きな人のパートナーが自分の友達である場合。

この場合は、様々な問題が起きがちです。

周りの人たちとの関係性が悪くなったり友達をなくすことになったりする可能性も大いにあります。

しかし、あれもこれもと手に入れることはできません。

何を失ったとしても、好きな人と一緒になりたい、と思うのであれば、あなたの行動ひとつではないでしょうか。

好きになることは止められないものです。

誰かのものであっても、手に入れたいという気持ちがあるならば、略奪愛にかかる時間はあなたの行動次第だと言えるでしょう。

ただし、誰かを傷つける、自分が傷つくことになる、という可能性は常に頭に入れておく必要があります。

コメント

  1. こんにちは、これはコメントです。
    コメントの承認、編集、削除を始めるにはダッシュボードの「コメント画面」にアクセスしてください。
    コメントのアバターは「Gravatar」から取得されます。

タイトルとURLをコピーしました