【不倫からの略奪】相手を離婚させるための最終手段を徹底解説!

略奪愛

結婚している男性と不倫関係にある場合、奥さんとの離婚、そして略奪婚を成就させるには長い時間と忍耐が必要です。

また、男性が早く離婚して、あなたと結ばれたいと考えていても、奥さん側の都合で、なかなか離婚ができずに不倫関係を続けることも多いでしょう。

当記事では、不倫相手と奥さんを離婚させるための最終手段として効果的な方法を紹介します。

必ず略奪婚を叶えるという強い意志とリスクや困難にも立ち向かえる自信がある方は、最後までご覧ください。

最終手段を実行するにはタイミングが大切!

いつまでも答えを出さない男性の態度に我慢の限界を感じて悩んでいる人も多いでしょう。

確かに、最終手段を使って略奪する方法は、曖昧な関係を終わらせて先に進むためには有効な手段です。

ただし、最終手段を実行するにはタイミングが大切であることを理解しておきましょう。

最終手段が有効なタイミングは相手の夫婦関係が破綻していることが明確な場合のみです。

ですが、健全な家庭生活と不倫を両立させたいと考えている男性が多いのも事実です。

相手の気持ちや夫婦関係が確認できない場合は、焦って最終手段を実行すると法的に裁かれて慰謝料を請求される可能性が高まります。

奥さんと比べて不倫相手は、法的にも、世間の目も厳しいことを認識しておきましょう。

【必ず略奪する!】離婚を早める5つの最終手段は?

不倫から略奪愛を叶えるためには、焦らずに相手の気持ちが自分に向いて来るまで待つ必要があります。

ただし、不倫相手と奥さんが、いつまで経っても離婚せずにいる場合は、最終手段を使って強引に進めた方が良い場合もあります。

最終手段を実行する場合は、曖昧な関係にピリオドを打ち、どんな結果でも受け入れる決心が必要です。

最終手段を使った結果、破局を迎える場合もあることを理解しておきましょう。

離婚を早め、略奪を叶えるための5つの最終手段を紹介します。

①奥さんに自分との不倫関係を話す

不倫相手の男性が「妻とは離婚するから」と口約束のみで、実際にどこまで離婚に向けて進行しているのかわからない場合は、ずるずると不倫関係を続けさせられる可能性が高いです。

相手の奥さんに直接、夫と不倫関係にあることを話すと、最悪の場合、慰謝料を請求され、更に略奪できない場合も考えられます。

しかし、お金の準備と別れる覚悟ができるなら、先の見えない関係を一歩進めるための最終手段としては効果的な方法です。

②男性との距離を一歩引いてみる

不倫相手の男性に、奥さんと別れて必ずあなたと一緒になる気持ちがあるのか自信がない場合、気持ちを試す最終手段として、男性との距離を一歩引いてみることをおすすめします。

毎日のLINEやメールが当たり前になっているなら、思い切ってこちらからの連絡を止めましょう。

「いつか自分の元から去ってしまうかもしれない…」と不安にさせることで男性の気持ちの確認と、これから先の2人の関係について話し合うきっかけになるでしょう。

残念ながら、奥さんと離婚する気がなく、あなたとは不倫の関係でいたいと考えいる場合は、このままフェードアウトしていく可能性もあります。

そのため、実行するにはタイミングに気を付けることが重要です。

③奥さんに出来ないことを出来るようになる

不倫相手の奥さんの出来ないこと・苦手なことをチェックしてみましょう。

不倫相手の男性に対する態度だけではなく、趣味や資格の取得など、あなたの魅力を倍増させることが目的です。

奥さんより魅力的だと思わせることで、略奪が叶う可能性が高まります。

ただし「私と結婚した方がメリットが多いでしょう!」と積極的にアピールできる自信があることが条件です。

また、究極の最終手段として、子供がいない夫婦の場合は、あなたが妊娠することで男性の気持ちを引き寄せるチャンスが訪れます。

「奥さんは出来なかったけれど、あなたは出来る」と男性に強く思わせることが重要です。

ただし、男性が子供を欲しがっていない場合や、離婚のタイミングなどによっては、大きなトラブルになる可能性もあるので注意が必要です。

④自ら男性に離婚を迫る

本来、自ら不倫相手の男性に離婚を迫ることは、略奪愛を叶えるにはマイナスです。

ただし、男性も奥さんと離婚する決心はしていても、様々な問題が発生する可能性を危惧して離婚を切り出すきっかけを失っていることも考えられます。

男性は、あなたの強いをアピールで背中を押され、離婚に向けて動き出す可能性があるでしょう。

⑤別れさせ屋に依頼する

奥さんと離婚する際は、男性とあなたの両方に慰謝料が発生したり、子供の親権で揉めることが多いでしょう。

協議離婚が成立しても不倫をした方が不利な条件を課せられます。

最近では、できるだけダメージを受けずに離婚するために、別れさせ屋に依頼するケースも増えています。

離婚の原因がダブル不倫の場合、お互いのダメージが少なくて済むというデータがあります。

そのため、相手の奥さんにハニートラップを仕掛けて、わざと不倫関係に仕向ける別れさせ屋も存在します。

ただし、奥さんの不倫の相手は別れさせ屋のスタッフなので、離婚後、結ばれることはありません。

離婚を早める最終手段としては有効ですが、罪悪感が残るようなら別の方法を試してみましょう。

略奪のおまじないについてはこちらをチェック!!

【厳選】好きな人を略奪できる最強のおまじないは?

略奪愛を叶える最終手段のひとつとして電話占いを利用してみよう!

略奪愛を叶える最終手段のひとつとして、電話占いを利用することをおすすめします。

相手と奥さんが結婚した理由・あなたと相手が出会った意味を霊的に分析し未来を透視してもらうことで略奪に向けて計画的に行動することができるでしょう。

先の見えない不倫の関係から略奪婚を叶えるために、電話占いを利用して幸せを手に入れるきっかけにして下さいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました